ヘアカラーのメリットとデメリット

白髪染めと言えばヘアカラーですがそのメリットとデメリットは?

従来の薬局などで市販されている白髪染めはヘアカラーです。テレビコマーシャルで白髪染めを宣伝しているのもほとんどヘアカラーです。世界で多く使用されているおり一回でそっかり染めることができます。とても染める力が強い反面、かぶれることがありますしアレルギーにも注意しないといけません。ヘアカラーはしっかり染まりますが髪のダメージが大きいので理解して使いましょう。

 

 

 

ヘアカラー(白髪染め)の代表的な製品

 

【ホーユー】ビゲン(Bigen)、メンズビゲン(Men's Bigen)、シエロ(CIELO)【花王】ブローネ(Blaune)【ダリア】サロン・ド・プロ(SALAON de PRO)【WELLA】ウエラトーン2+1【ロレアルパリ】エクセランスなど

 

 

ヘアカラーのメリット

一回でしっかり染まる

白髪も黒髪も一回でしっかり染まります

 

色持ちがいい

だいたい2ヶ月から3ヶ月は持ちます

 

黒髪も明るい色に染められる

黒髪も白髪も好きな色に染めることができます

 

値段が安い

1000円前後の商品が多いです

 

 

 

 

ヘアカラーのデメリット

髪が非常に傷む

髪を染める工程で、白髪も黒髪も脱色してから染めるので髪が傷みます

 

かぶれることがある

アレルギー体質の方は使用できません。また一回でもかぶれたことのある人は二度と使用できません

 

匂いが気になる

鼻にツンとくる匂いがします。製品によっては香り付けしてますが特有の匂いはします

 

下準備が大変

液ダレしてもいいような格好と自分の周り。ちり紙やケープなど非常に下準備が面倒です

 

パッチテストは毎回必ず必要

毎回必ず必要で以前に大丈夫な人でもやらないといけません。染める2日から行います

 

 

 

ヘアカラーは髪を染めることを第一に考えられてます。髪を一回脱色することもあまり知られてません。普通の黒髪も一緒に脱色してしまうので非常に傷みます。値段が安くお手軽に染めれますが、アレルギーの元となる物質も配合されているものもあります。昔より使用方法や髪を染める工程の変化はありませんが、現代社会が抱えるアレルギーの問題やアレルゲン物質の問題の事はあまりふれられてません。テレビコマーシャルではヘアカラーばかり宣伝されてますが、ダメージについて考える方も多く現在ではヘアマニキュアタイプが人気となってます。

 

 

トップページ

テレビで流れているヘアカラーのメリットとデメリット関連ページ

カラーリング剤の違いで染まる仕組も違う
自宅で簡単、気軽に染められる白髪染めを選ぶ時は何を参考に選びますか?値段ですか?テレビコマーシャルですか?ランキングですか?薬局で売れているものですか?普通に知られている白髪染めは、毛染めの中でも非常に強い薬を使っているの知ってましたか?