自宅で簡単に染められる白髪染め

自宅で染める白髪染めを選ぶ前に知っておきたい、失敗しない選び方

自宅でする白髪染めをほとんど方がテレビコマーシャルで宣伝しているものしかないと思ってます。

有名メーカーの白髪染めで染めても髪がギシギシしたりゴアゴアします。これは髪の表面のキューティクルが開いて水分がとんでしまっている状態です。また開きっぱなしのためにくし通りが悪く、切れ毛や枝毛の原因にもなります。

 

従来の市販されいる白髪染めを使うと、当たり前にようにこのような症状になります。多くの方が「白髪染めとはこういうものだ」と思っている方がほとんどで、ダメージ覚悟でしょうがなく染めているのです。テレビのコマーシャルで自宅で染める白髪染めを多く宣伝していますが、ほぼ全部同じ種類の白髪染めです。新発売と宣伝しているものでも、昔からある従来の市販されている白髪染め同じで、染める方法は昔から何も変わりません。

 

 

 

白髪染めを選ぶ時はまず、髪をどうしたいのか?で変わってきます

白髪染め選ぶ時は何を基準に選びますか?テレビで流れているものですか?よく売れているものですか?値段?ランキング?薬局で市販されているものですか?このような商品自体の違いを探っていても白髪染めの場合は、自分に合ったものを探すには難しいです。

 

合ったものを探すには、まず自分の髪をどうしたいのか?希望を知ることが大事です。ただ黒く染まればいいのか?髪が傷まないものがいいのか?頭皮のダメージは?ヘアケアは?どの位の日数を最低染って欲しいのか?数時間から数日または数ヶ月?白髪を染める範囲は部分的なのか、広範囲なのか?アレルギーは大丈夫なのか?などを考慮していくとおのずと商品自体が決まっていきます。

 

従来の市販されている白髪染めは強い薬剤で髪を染めていきますので安かろうで使用すると後で非常に後悔することになります。色が気に入らないと言って染め直ししたくても、簡単には出来ませんので白髪染め選びは慎重に選びましょう。

 

 

白髪染めでまず思いつく有名メーカーや商品名

【ホーユー】ビゲン(Bigen)、メンズビゲン(Men's Bigen)、シエロ(CIELO)【花王】ブローネ(Blaune)【ダリア】サロン・ド・プロ(SALAON de PRO)などが有名です。どれもコマーシャルで流れているものばかりですし、雑誌などでもよく載っています。白髪染めはこの中の物で染める人がほとんどだと思います。メーカーや商品名の違いや薬液のタイプでクリームタイプや泡タイプなど違いはありますけど髪が染まる方法は同じです。昔からの方法で1剤、2剤を混ぜあわせて使用するタイプです。泡タイプでも缶の中では別々ですが、出した瞬間に混ざっている状態で出てきますので同じです。

 

このような白髪染めをカラーリングの分類に当てはめるとヘアカラーになります。ほとんどの方がヘアカラーで染めているのですが、このヘアカラーは非常に曲者で特徴を知っていないと後々後悔することとなってしまいます。ヘアカラーのメリットとデメリットを知っておくことが商品選びに役に立ちます。